FC2ブログ
Fortunate Edmund
旧 Tiny Margaret and Large Julian
マギーが来た頃
なぜマギーが選ばれたか。それは、当時9歳になっていたジュリーに脅威を与えないため、これにつきます。ブログを読んで薄ら感じていただけるかなと思いますけど、私にとっては、ジュリー=子ども、マギー=ペット なんですね。もちろん、マギーがペットだから目をかけていないという訳ではないです。でも、以前のブログに書いた通り、真の飼い主は私じゃないですし、関係を示すとすると、そういう雰囲気だということです。

マギーを迎えたのは、6年と数ヶ月前です。色々なブログを読んでいると、ティーカップサイズという分け方や、デカプーとう呼び方が、ほんのここ数年のものであるかのように認識されている方が結構いらっしゃるようですが、それは、すでに6年前にも随分浸透していました。でも私自身は、正直言ってティーカップに類した犬を手に入れる気なんかなかったんです。何しろ、当時有名ペットショップで70万円超という世界でしたから、あり得ないと思っていました(そういえば16年前に、青山ケンネルにラグドールのお値段を問い合わせた時も、50-70万って言われたっけ…)。プーの爆発的人気のおかげで、普通のペットショップ出身の普通のプーも今の二倍以上はしたと思います(それでも爆発的人気が少し落ち着き始めた頃だと思います)。グランベリーモールのJokerには、30万未満のトイプーなんかいませんでした。♀は尚更稀少でした。

私の希望はただ一つ、ジュリーの為に、3キロ(ジュリーの半分)の標準的な♀が欲しい。これでした。3kg程度というのは、トイプーを飼いたいと思う方の大半の希望だと思います。走ったり、遊んだりにも安心感がありますから。それに3kgというのは新生児の大きさです。抱っこで歩いたって(犬だから鞄でかな?)、軽いと思っていました。当時の平均的ノートパソコン程度の重さでしたから。そもそもジュリーは6kg越えでしたし、犬なら自分で歩かせられます(寧ろ歩きたい)。なのに最近は、3kg程度(時として未満)の犬をカートに乗せて移動される方がいるらしく、実はちょっと信じられない思いです。我が子の赤子時代を思い出すと(複数の赤ちゃんに恵まれました)、『このバギーさえ無ければどんなに自由か』と思っていたというのに、わざわざ新生児の赤ん坊より軽い犬を運ぶ為に巨大なバギーを使う心境が謎です。

ちょっと話が脱線しました。さて、上述したように、好みのトイプーの子犬を探すのは、当時そう簡単ではありませんでした。そして、そうこうしているうちに偶然ネットでみつけたのが、我が家から車で10分程度の所のブリーダーさんでした。早速電話で問い合わせてみるといい感じ。詳しくお話をしてみると、「自分の所には現在子犬はいないけれども、懇意にしているブリーダーさん(お師匠さん的存在?)の所で3ヶ月の♀の飼い主を探しています。私自身は、小さすぎるので赤ちゃんを生ませることは無理と判断して、お断りしたんですよ。色は白ですが、気にされますか?」とのことでした。『牛乳パックが歩いている程度』と描写されるのを聞いて一抹の不安を覚えましたが、色は気にしてなかったし(当時既にレッドとアプリ人気全盛でした)、幼犬時代からお留守番をさせなければいけない関係から、なるべく育っていた方が好ましかったし、多少育ち過ぎてもジュリーに脅威を与えないサイズに収まるだろうというのが気に入って迎えることにしたんです。猫飼育歴9年を過信して、動物の扱いには慣れているしと安易に信じていましたしね。

そしたら、本当に小さい!ティーカップというサイズ分けが当時からネットを賑わしていたとは書きましたが、ブログ文化がまだ浸透していなかった時代だからか、そういうサイズの成犬は、画像でさえ見た事がなかったんです(実は今でもマギーより小柄なトイプーに生で会った事が無いです<犬の集まりに出ないせいでしょう)。だから、食べない∴小さいマギーは、壊れ物のようですごく怖かったです。あらゆることに気を使いました。最初の2週間は、殆ど留守番もさせなかったです。

そんな訳で、マギーは6年と3ヶ月前に我が家にやってきました。1歳までは病院通いも頻繁でしたし、入院もしました。外耳炎になったり、涙が多かったり(今も変わらずですが)、消化器官が敏感だったり、抜歯が必要だったり、1.4kgで避妊手術だったり、それに膝頭骨脱臼の気もあったので、色々と心配しました(結局グレード1程度で進行はせず、今は筋肉で補われています)。でも、人間大好きの性格と、私たちの周りを飛び跳ねまわる愛らしさで、どんどん愛着が増しました。ちなみに今はとても健康ですが、跳ねまわる量は激減しました(全ては手中に出来ないのかなー)。

マギーは相変わらず私のペット扱いで、我が子ジュリーの域には達していません。それは、飼い始めの状況からの必然なんでしょう。何しろ、ジュリーの時は我が子はいなかったし、マギーの時は真の飼い主が我が子ですしね。という訳で、小さい割には赤ちゃん可愛がりをされないで育ったマギーです。でも、そこが寧ろ、小さいぬいぐるみのようでさえある彼女の為になっているのかなとも思います。

というのが、マギーが我が家に来た頃の様子です。超個人的な話題でした。

090719-2.jpg
使い回しの画像ですが、この顔、ちょっと美少女っぽい雰囲気でしょ?<飼い主の身贔屓

[2009/07/22 00:00] | マーガレット | コメント(6)
<<ブログ好感度(?)解析 | ホーム | 負けないぞー2>>
コメント
へー、そういう流れでマギーちゃんは家族の一員になったのですねー。小さい頃は本当に小さかったんでしょうしね、それはそれは扱いにも気を使われたんでしょうね。
私も実際、ネットではよく見る2キロ前後ぐらいで大人のプードルちゃん見たことないですね~!だからこれくらいなんだろうなーと想像だけでピンとこないところもありますー。
やっぱり小さかったら、病気やけがが心配なのかなーと思っちゃったりもしてたんですがマギーちゃんみてたらとても健康的に見えますし!ちょっと小さいプーちゃんに対するイメージも変わりました。

美少女マギーちゃん♪ベッドの上のその姿でその表情、ほーんとよく撮れててかわいいですよ~!!
[2009/07/22 09:01] URL | みえ #kWSW7Y5M [ 編集 ]
でもきっと、お子さんたちにとってマギーちゃんは、幼い時代を一緒に過ごしたかけがえのない妹分なんでしょうね。
もちろんfruitbunsさんにとってもかけがえのない存在であることは変わりないわけで。マギーちゃんの生き生きと豊かな表情を見て入ると、過不足なくよい環境で育ってこられたことがよくわかります。
そういえば、犬猫両方飼ったことのある友人が、しいて言えば小さな子どものいる家庭には犬を、子どもが独立しておだやかな日々を望む家庭には猫をすすめたいと主張していて、納得したことがあります。
で、マギーちゃんもアイドル系いけるじゃん!湖兎子とユニット組む!?
[2009/07/22 13:36] URL | usainu #- [ 編集 ]
どういう経由で来てもおうちへついた瞬間から
かけがえのない家族ですね。
お子さんにとってはさらに無二の親友なんでしょうね。
我が家では先代は娘の同士(受験勉強を一緒に頑張った)で、
今のフランは妹だそうです。
それにしてもなんと愛くるしい!
[2009/07/22 15:31] URL | flanmama #- [ 編集 ]
マギーちゃんのお迎えについて・・なんとなくは知っていましたが、詳しく伺ったのは初めてです。

確かに犬のバギーって、かえって行動しずらくなるような気がしますけど、もしかしてお店ってバギーに乗ってれば入っていい??わけじゃないですよね。。
要するにあちこち行っちゃわないようにってことなんでしょうか?足が疲れないように??
あぁ疑問がいっぱい・・・
[2009/07/22 17:48] URL | ぐっぴー #- [ 編集 ]
>みえさん
小さい子も色々ですよね。ブログでは、体重が1キロ未満の子が何匹も紹介されていたりして、想像もつきません。マギーは、幼少時は弱かったですけど、今は健康です。それはジュリーも同じなので、大きさは関係ないのかもしれませんね。私が大げさなだけかもしれないし…

>usainuさん
猫は、小さい子は苦手ですよね~ ジュリーは、子どもが2歳までは注意して子ども部屋に入れないように工夫してたんですけど、実際は、開いていても近づきもしなかったんです。得体が知れない物体だったんでしょうね。でも、2歳すぎて子どもたちが自由に動くようになってからは違いますよ~ 泣くと叱りつけてました。子どもはぴたっと黙るという感じ。格好の躾け係だったようなものです(動物のお医者さんのミケとちょびの関係みたい<知ってます?)。

>flanmamaさん
うーん、無二の親友というか、とっても怖い親戚の小父さんかも… 今でも、ジュリーの寝そべってる上は絶対またぎません。どころか、そばもなるべく通らないんですよね。ジュリーが特別酷いことをした訳ではないんですが、ジュリーのカンに触るほど五月蝿く泣いて、よく叱られてましたし、小学生になってからは、無意味にハンティングごっこの獲物にされてましたから。でも、酷いことはしないんですよ。

猫って、順位を気にしないみたいに思われていますが、少なくともジュリーは、自分と家族の関係性を把握しているようです。

>ぐっぴーさん
犬のバギーって数が出ないので、赤ちゃん用のと違って軽量化もそれほど研究されてないのでは?って思うんですけど、どうなんでしょうね。って、そういうこととは別に、あれ、あんまりおしゃれじゃない気がするんですけど。なんか、ご年配の方が散歩で使われる、椅子にもなるカートに見えてしまう。柄は大分モダンですけどね。っていうか、私が必要になるころまでには、あの年配用カート、おしゃれな柄にしてください~

疑問シリーズを始めることにしたので、カートについての疑問も、また書きます。
[2009/07/22 21:14] URL | fruitbuns #CvGW3GPU [ 編集 ]
美少女マギーちゃん、こんばんは!
本当に大きな目が素敵ですね。
メイがうちに来た日を思い出すと、「運命の出会い」なんてごまかしていても、恥ずかしくなります・・。
ほとんど衝動的だったので。
メイと私達はまだ始まったばかりだけど、
このおうちへ来て良かったと思ってもらえるように(思うのかな?)
頑張らないといけませんね。
[2009/07/22 21:29] URL | メイのばぁば #mQop/nM. [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

前のページ 次のページ
プロフィール

fruitbuns

Author:fruitbuns
Edmund the Just 2018.06.10
Margaret the Gentle 2002.12.20 - 2018.08.10
Julian the Magnificent 1993.10.04 - 2013.11.05

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する