Tiny Margaret and Large Julian
中年トイプードルと老年ラグドールの日々
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
ペット先進国だったのに
現在私の住んでいる国は、ペット先進国と言われていました。でも、この国のペット事情が、経済のアメリカ化によって大分変わってきたように思えてなりません。

先日、久しぶりに某有名デパートに行きました。そうしたら、ペットセクションが大幅拡充されていて(昨年改装されたようです)、日本のペットショップみたいになってました。見栄え重視の犬服のみならず、猫が一瞬で激怒するような(猫によっては拘束感でおとなしくなる?)猫服もザクザク売ってるし、ベビーカーばりのカートまで陳列してあるはで、いきなりここまで来たか、という感じです。この国随一、いえ、世界的デパートの品格もなにもあったもんじゃないです。

ところで、犬猫の陳列販売についてです。この国では、従来から道義的には駄目なんですが、どうも完全に法律で禁止されている訳ではないようです。実はこのデパートでは、前から地味にやっていました。そして改装して、規模拡大です。地域的に分かる人しか分からないと思いますが、Jokerというペットショップの陳列の仕方と似てます(ガラス張りの部屋に複数の子犬/子猫を放し飼いの形で陳列販売)。このデパートの場合は犬セクションと猫セクションが分かれていましたが、だいたい同様の広さでした。

だけど違うところもあります。一つは、一日中ショーウィンドウの中にいる訳ではないらしいこと(これは良い)。もう一つは、各ガラスに価格が貼ってあるんですけど、なんと、EACH #1000って書いてあるってことですね。EACHですよ!何種類かの子犬や子猫が入ってるんですけど、個々に区別なし。殆どハムスターの販売と同じ乗りなんですよね。 まぁ、EACHで売るのが必ずしも動物を軽んじている訳ではないでしょうけど、腑に落ちません…。

この国では、最近、養鶏所の鶏の生活の質向上のために、ケージで育てられている鶏のタマゴは買うべきではないと言われています。なのに、なんでペットの福祉は後進するんでしょう。毛皮を湛然に舐めて気持ちを落ち着かせる健康な猫にとって、着衣なんて迷惑でしかないのです。犬の服だって、飼い主の楽しみ=飼い主と良好なコミュニケーションを取るための犬側の忍従によるものである場合が殆どです。犬の妥協を理解しながらも、時々、飼い主の喜びの為に服を着てもらうならまだしも(防寒、防暑、療養の為の服は別問題です)、朝から晩まで一日中服を着せたり、膝まで達するようなデニムを穿かせて散歩に出る。そういう風潮が、ほんの一部とはいえ、この国を浸食し始めているんですね。犬をパートナーとして遇してきた筈のこの国で、犬で積極的に儲けようとする消費活動が活発化しつつあるのかと思うと、やりきれない思いでいっぱいになります。

もちろんこの国にだって、昔からペットの生を軽んじる人は沢山います。だから、アニマルポリスがいるんです。それにクリスマス前になると動物病院には、『犬猫をクリスマスプレゼントにしないで!休み明けにはこうなりますよ』というキャッチコピーとゴミ箱に入れられたペットの画像の刷られたポスターが貼られています。完璧じゃありません。何処の国も完璧なんかじゃないんです。ご都合主義の極地なんです。でもこの国には、確固としたペット観があったのも事実です。他人の服装がどんなに場違いでも、本人の意思であればそれには全く口出ししないのに、他人の犬であっても、自分で抵抗の声を上げられない動物の福祉には、迷わず声を上げてきた国じゃなかったのかな…。

ペットで楽しむことに関して、こういう批判じみた気持ちを表現すると、場にそぐわないブログになってしまうと思います。しかも、そういう思いを抱きながらも、私はトイプーとしては規格外に小さなマギーを愛玩しています。矛盾です。でも、この国の変化と自分も含めた日本のペットたちの現状を考えると、いつもは受け入れる振りをしている事に対して、目をつぶり続けられなくなるんです。
[2009/07/19 00:00] | ペット一般 | コメント(9)
<<これ、イイ! | ホーム | 猫ドライヤー>>
コメント
その国のこと、ほとんど何も知らないに等しい私ですが、
友達が留学していたことがあって、話を聞いてたりして、
いつかティールームを巡る旅に訪れたいなんて勝手に妄想したりしてました。
その某有名デパートはたぶん私の憧れのお店だと思いますが、
そこに日本のペットショップみたいなお店があったら、、確かに、
いいえ、絶対がっかりすると思います。
目をつぶっていられないことを、こうして表現してくださることに、大きな拍手です。
[2009/07/19 01:10] URL | メイのばぁば #mQop/nM. [ 編集 ]
>メイのばぁばさん
すみません、場違いに憤って。なんとなく、
先週末からすっきりしないんです。
なんでもアリになってきている気がして…
[2009/07/19 05:27] URL | fruitbuns #CvGW3GPU [ 編集 ]
おっしゃるとおり、だと思います。
動物の飼育の仕方や動物に対する応対の仕方をみると、その人の本性が見えるような気がして、おつきあいをする人の判断基準にしています。命をどう捉えるかなのではないかな、と思っています。
経済社会のなかで救える命は確かにたくさんいます。マスコミが注目するから保護される命もある。でも、個人の買い方、飼い方をステイタスや見栄の反映と勘違いされては困る! と思っています。この話題になると、常々、不機嫌な私です。
[2009/07/19 09:46] URL | まえだ #- [ 編集 ]
最近の日本では、ペットのみならず
子どもまで「あんたのアクセサリーかよ!」とおもわず毒づきたくなるような人を見ますからね…なんなんだろう、対等な命として接することができないって。結局、ペットを飼うのも自己顕示欲のひとつでしかないのかな。ペット先進国といわれてきた国にまでそんな風潮が押し寄せるのは、なんとも苦々しい気持ちになりますね。一方では、私事ですが在住のマンションのペアンケートでかなりペットを飼うことにあからさまに嫌悪感を示したり心ない言葉を投げる人もいて、今更ながらに人間いろいろだな~と思ってます。プチへこみ。どっちもどっち…かな。
[2009/07/19 12:00] URL | usainu #- [ 編集 ]
色々考えさせられます!それはないでしょう!?って確かに思うこともありますが、でも自分は?と考えるとやっぱり、ワンの事より自分中心に考えてることも多いかもしれません。
プリンの為にと思っても、実は自分の為だったりする事もありますしね~!
考える時間を与えてくれるfruitbuns の記事はありがたいですよ!
ライターさんの経験ありとか?そういう仕事できそうですよね~!!
[2009/07/19 17:33] URL | みえ #kWSW7Y5M [ 編集 ]
日本では正直ペットショップが主流(知識のない一般人相手)なので、
しし丸を飼ってから初めて海外では陳列販売はしないとかそういうこと知りました。
そんなしし丸もペットショップ出身です。
(しし丸はショーケースに入れられる前に決まった子なのですが(汗))
もし2頭目迎えることがあるとしたら、絶対ペットショップでは迎えないだろうなと思います。

ペット先進国と言われる国でそのような逆行があると…
何だか悲しい気もしますね。

服については、私も飼い主の自己満足のために着せている部分も大なので…
ごめんよ…と反省しなきゃいかんですね。
ただ、動物心理学の先生が言われていたのは
やはり服をきて「可愛い」と言われることで犬の精神状態がよくなるらしく
着せることのメリットデメリットを考えたときに、
メリットのほうが大きい…ということもいっていました。
さすがに家でも寝るまで服きせるとかは…
私も反対ではありますが(汗)

そういえば以前サロンで真冬にボディ3mmのぷー達がいて、
「寒くないのかな?」
と聞いたら
「この子たち1週間服着せっぱなしだから大丈夫」
ってサロンの人いっていましたが…
服きせっぱなしでお手入れしないから毛玉だらけでバリカン虎刈りなだけじゃあ…
と思ったことがあります。
服きせてもいいから、お手入れだけはちゃんとしてあげてよって思いました。
まあまあ飼い主によって意見は千差万別だとは思いますので、あれこれつっこむ気にはならないのですが
トイプー飼うなら、毎日お手入れきちんとしてあげてと思うのでありました。
[2009/07/19 20:53] URL | ちゅんこ #5orjF7uE [ 編集 ]
>まえださん
『見栄の反映』というのは、本当にその通りですね。我が子可愛いの気持ちと、人のペットとの比較は、表裏一体です。そして、それがどんどん講じて、ペットの有害な装飾に走るんでしょう。可愛い、愛おしいという気持ちは、見かけとか、能力とか、そういうこととは関係なんですよね。と、我が子に関して、一番感じている母でもあります。

>usainuさん
ペットを嫌う人がいるのは分かります。でも、現実に迷惑がかかるのでなければ、それは個人の自由というのが、この国のあり方です。何にでも、そういう傾向がありますね。自分が嫌いだからと言って、目の前に連れ出される訳ではない完全室内猫にまで、もっともらしい理由(アレルギーとか)で意見をするのは、個人に干渉しすぎだと思います。脱走させてしまうとか、未虚勢/避妊で盛りに鳴き声が恐ろしく響いて来るとかは別問題で、そういうのはペット飼育より住人自体の人間性の問題ですもの。犬の場合も、規則を他人の立場になって守って飼育しているなら同様ですね。

>みえさん
そう、自分もやっちゃってるんですよ。だから、せめて、自分もペットより自分の楽しみを優先して、犬に忍従を強いているって心に留めておかないと自戒するようにしています。私は、何がなんでも犬優先と思っているんじゃないんです。人間の家族であっても、子どもが最優先されるなんてことは、子どもの生活の質を著しく落とすのでなkれば、必要無いんですもの。

>ちゅんこさん
でもね、私はおしゃれの為の服はやっぱりどうかなと思うんですよ。○○だから犬にも良いというのは、やっぱり飼い主の都合に立脚した意見です。でも、私は、絶対に服を着せちゃいけないとは思ってませんよ。ただ、常にそれは飼い主の楽しみであるということを、自分を戒めることが大事だと思っています。犬は服を喜んでいません。犬は人間が喜ぶから、ほっとしているんじゃないんでしょうか?服を着てなければ、十分に可愛いと思ってもらっていないと感じているペットがいるとしたら、寂しい。どんな子でも丸ごと受け入れて、必要十分に可愛いと思ってするのが一番大事なのは、人間の育児と同じみたいな気がします…。

皆さん、耳障りな話に率直なご意見をくださって、ありがとうございます。私は、マギーという極小犬を飼っている私自身を戒めるために、時々こういう事を考えるようにしています。『うちの子のために』『うちの子が喜んでいるから』というのが、一人歩きしないように…。

次の日記はお気楽で行きます♪
[2009/07/19 21:40] URL | fruitbuns #CvGW3GPU [ 編集 ]
えーっと完全に出遅れましたが、たいしたコメントは出来ません。国のペット事情だとか、陳列販売だとかそれ自体をあまり気にしたことはありませんでした。
ただ、自分が迎えるにあたってはやっぱり健康な子犬ガ欲しいなと思って優良ブリーダーを探したつもりだったのですが・・・実ははずしました。たまたまクムには問題なさそうですが・・。
私はわりと、自分が我慢しないように犬を飼うつもりでいます。だから今からしつけ教室に入れたりして飼い易くしようなんてもくろんでます。
これが犬にとってストレスでなければいいんですけどね。服やら装飾についてはあまり興味ありません。犬と一緒に居ることで癒されたいのが一番の目的だったので、人に見せて・・とは思ってないんですよね。あ、ブログで見せてるかぁ!矛盾だ>自分
[2009/07/19 22:41] URL | ぐっぴー #- [ 編集 ]
>ぐっぴーさん
躾教室はとてもいいと思います。自由気ままに暮らせない環境が人間との共同生活なのだから、なるべく小さなうちにルールを身につけさせて、あとあとそういうことがストレスにならない(=自然になる)ように準備するのは、犬と人間の生活のバランスの良い妥協点を設定することだと思います。大人になったら、修正できないことが沢山ありますから。

こういう話題を書くと、…って雰囲気になるのはわかってたんです。そんなこと、わざわざ口に出さなくてもいいんじゃないって雰囲気がありますものね。でも、時々、場違いでも口に出す事によって、自分を戒めることが出来る気がしてます。マギーは、性格も容姿も、気を抜き過ぎたら人間に遊ばれてしまう犬ですから、私自身だって、危ないもんです。だから余計に気をつけてやらなきゃと思っています。ジュリーが死の一歩手前まで行って、ペットの命の短さとその限定されたありかたに直面したからかもしれません。
[2009/07/19 23:16] URL | fruitbuns #CvGW3GPU [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

前のページ 次のページ
プロフィール

fruitbuns

Author:fruitbuns


Dog: Margaret of Settsu E. JP (2002.12.20 Toy Poodle ♀)

Cat: Precious Precious Julian (1993.10.04 Ragdoll ♂)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。