FC2ブログ
Fortunate Edmund
旧 Tiny Margaret and Large Julian
予防接種
今日は、ジュリーとマギーの狂犬病の予防接種日。え、猫も?って思われるかもしれませんが、ヨーロッパ大陸内を移動するのに必要なペット・パスポートの取得には、狂犬病の接種が必須です。ジュリーを連れて大陸に行く事などあるとは思えませんが、どんなことがあっても常に一緒に移動できるようにしておくために、こちらに来て以来も、毎年ずっと接種してきました(日本から英国へ来るには必須です)。だけどかなり年を取って来ましたので、日本に帰国するには必要のないことですし、今年は少しでも悪影響が考えられるのなら、止めておこうと思いながら病院に連れて行きました。

結果は、元気一杯なので問題ゼロですとのこと。予防接種の後にぐったりする看畜の話をよく聞きますが、ジュリーは例年通り、変化ゼロでした。なんて強いヤツ…。

ちなみにマギーの方はというと、ますます問題なし。注射されていると言う事実にさえ気付かず、先生と獣医学部の学生さんたちに武者ぶりついてました(笑)。ついでに、長くなり過ぎてしまった爪の思い切った処理をお願いしましたが、特に短くはしてくれませんでした。このぐらいでいいとのこと。日本と大分考え方が違う様です。

あ、そして、恐れていたことが…。とうとう、体重にはおおらかな英国獣医師に、マギーのオーバーウェイトを指摘されてしまいました。脇の下に手を入れて肋骨を感じにくくなったら、太りすぎとのことです。はい、体重も1.9kgありました。飼い主として、ベスト体重は1.7kgと認識していますので(3歳過ぎまで日本でかかっていた獣医師の意見では1.35kg!!<ありえねーガリガリ)、200gぐらいダイエットしなくては…。ドッグ・フードのパッケージに書いてある目安給餌量の下限を与えてくださいと言われたましたけど、パッケージには5kgの犬からしか書いてありませんでした。わからーん…。しかし、頑張ります。

映像は、ケージの掃除中にハムスターがハムスター・ボールに入れられているところと、マギーの様子です。

どうもマギーは、ハムスターのことが異様に気になるようです。

ちなみに、ジュリーはハムスターに無関心。16年前の時は、あまりの執着で里子に出したというのにねぇ。あ、そのハムスターの名は三ちゃん。甥っ子に大変大事にされて、数年後に生涯を閉じました。めでたし。

[2010/05/30 08:14] | ジュリアン&マーガレット | コメント(2)
<<スカンクシュリンプ | ホーム | 小さい!>>
コメント
へえ~、欧州ではそんなルールがあるのですねえ。
しかしびくともせず壮健なジュリーさん、素敵!
ラグ長寿記録をめざしてくださいね!!

マギーちゃん十分スリムに見えるのに…
小さいぶん、細かな体重管理が必要なんですかね。
ハムスターと戯れる姿はおもしろすぎ!
そして無関心のジュリーさん…やっぱり渋い。
[2010/05/30 08:28] URL | usainu #- [ 編集 ]
>usainuさん
欧州大陸は、まだ狂犬病の絶滅地域ではないので、イギリスは神経を尖らせているんですよ。

ジュリーの体重はオッケーでしたので、ホッ。年寄りだし、食べるのが趣味だし、あんまり制限したくないので。って、一番の好物が腎臓用療養食ドライという、健康志向のネコですから(笑)マギーが太ってきてるのは、多分、ジュリーの食べ散らかし(缶詰めはかなり周りを汚して食べるんです…)を拾い食いしてるからかなー…。おじいさん、奇麗に食べてくださいよぉの世界です。
[2010/05/31 19:57] URL | fruitbuns #CvGW3GPU [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

前のページ 次のページ
プロフィール

fruitbuns

Author:fruitbuns
Edmund the Just 2018.06.10
Margaret the Gentle 2002.12.20 - 2018.08.10
Julian the Magnificent 1993.10.04 - 2013.11.05

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する